私の晩酌に素敵な色合いを入れる人懐っこいワインに酔いつぶれる

我々は自分へのご褒美に毎晩お酒を飲んでいらっしゃる。
それでも「晩酌」というワードや様子がなんだかおっさんぽいので、だれにも日々お酒を飲んでいることは話していません。
完全に私だけの私事です。
でも、職業の就業時間が近づくと、間もなくお酒が飲めると実にウキウキします。
大抵は残業が否めない生活をしているので、職業が止めるのは6時半から7期間ところです。
そこから、スキップをするような気持ちで家に帰ります。
住宅に用意しているお酒はおもにビール、そして国内酒、そうしたら麦アルコールと、ウィスキー、最後にワインという5関連のお酒を一年中用意しています。
家に帰るまでの間に、いま何を採り入れるかという事を考えます。
魚系の和食や煮物間柄なら国内酒やアルコール。旨い甘味に出会えたらウィスキー。そうしてチーズやアボガド、また洋食を食するならワインという感じです。
こんな我々が最近は待っているのがチーズフォンデュです。
勿論ピーク雑貨の食べ物ですね。熱々に溶かしたチーズに、ブロッコリーや蒸し鶏を絡めて摂るのみが、これがワインにとっても見合うのです。
しかも、最近は寒くなってきたので話題ワインの再建です。
夏はスパークリングワインや、冷やした白ワインを飲んでいましたが、寒くなったら話題ワインが最高です。
酒屋ちゃんに行くとホッとワイン用のワインが売られています。
話題ワインはおもに重めの赤ワインです。
それに、シナモンとかブラックペッパーなどのスパイスを入れて飲むと、ぐいっと美味しさが引き立ちます。
そういうワインを呑みながら、チーズに絡めた野菜やお肉を突くのが今の最高に至福のタイミングです。http://www.loslunasreads.com/